スポンサーリンク

2017年12月31日日曜日

宝石の国の月人のテーマについて音楽的考察を行う人が現れる【海外の反応】


Redditの反応

宝石の国
ルナリアンのテーマ(Sunspot)についての非公式音楽分析

これがアニメコミュニティへの初カキコです!

宝石の国を見てから、そのBGMに夢中になりました
それには理由があるのです
私は宝石の国にはその世界背景とともに同じように精巧な仕掛けがあることを見つけました
だから今回、月人のテーマのSunspotについての音楽的分析を投稿してみようと思いました

技術的な分析ですが、分かりやすく説明しようと努力しました
たぶん難しいとは思いますが、大体言いたいことは伝わると思います

音楽分析の中にexampleの音源を同梱しておきましたので、これを聞きながら読み進めることを推奨します
特に音楽的な知識が無い人は

ビデオゲームコミュニティでは音楽的分析を定期的に行っているのに、アニメコミュニティにはそういうことが行われていないので
私の試みでこういう状況を変えていければ幸いです
とりあえず下のリンクの文章を見てください!
Google Docに入れた方が見やすいのでそこに入れてあります

https://docs.google.com/document/d/1cA91-6XlP0-BT6JQQ1bU6t14jPfIbCYoZpJ5EJBQhGM




Redditの反応

OPについての分析も見て見たいなあ
あれもCGと同じくこのアニメを抜きんでたものにしていた一つだよね

Redditの反応

いつかやろうと思ってるよ!
もっと宝石の国の音楽について知りたいからね

Redditの反応

Cool thanks!



Redditの反応

面白いね
音楽科の大学生とかなにか?

Redditの反応

5月に卒業したところさ!



Redditの反応

ありがとう
月人のテーマは本当によくできているよね



Redditの反応

俺もこの音楽について気になっていたんだ
ガムランのモチーフについてが一番気になったよ
音楽の知識はあまりないけれど、読んでいて楽しかった

Redditの反応

読んでくれてありがとう!
ガムランのモチーフは本当にこの曲を良く表しているよね
サウンドトラックが出たらすべてについて説明を書いてみたいと思ってるよ
本当に良くできたOSTだ

ガムラン
ガムランインドネシア語gamelan)は、東南アジアインドネシアで行なわれている大・中・小のさまざまな銅鑼や鍵盤打楽器による合奏の民族音楽の総称である。広義では、インドネシア周辺のマレーシアフィリピン南部スールー諸島などの地域の類似の音楽をも含める場合がある。欧米や日本などでは、ガムラン音楽、Gamelan music などとも呼ばれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/ガムラン


https://www.reddit.com/r/anime/comments/7n2xjz/houseki_no_kuni_an_informal_musical_analysis_of/

スポンサーリンク




この記事をシェアする

32 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

なんやこのクソ記事

匿名 さんのコメント...

分野は違うけど結構有名になったモノを作って販売していたことがある経験者から見ると
こういう消費者が勝手に妄想膨らましてノーガキ並べるのは笑って見てたもんだ

匿名 さんのコメント...

そのこじらせたコメントに笑っちまうわw

匿名 さんのコメント...

素人だからさっぱりわからんが、劇伴が恐ろしく上質なのは理屈じゃなくわかる

匿名 さんのコメント...

考えるんじゃない、感じるんだ!

匿名 さんのコメント...

俺は日本人がイメージする仏教ぽさを残しつつ無国籍な感じにした、上品なごっちゃ煮(あまり物を鍋にぶち込んで煮たもの)ように感じた

匿名 さんのコメント...

<勝手に妄想膨らましてノーガキ並べる

その程度の楽しみは許してやれよw
アホみたいにケンカでも始めるならともかく

匿名 さんのコメント...

私はとても良い記事だと思います。
解釈はどうであれ、好きなアニメの気になっていた部分について他人の考察が知れて良かったです。
翻訳ありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

>その程度の楽しみは許してやれよw

だから笑って見てたもんだ
と言ってるだろ

匿名 さんのコメント...

今はお前が笑われてるわけだが

匿名 さんのコメント...

↑考察とやらが大好きのキモヲタですか

匿名 さんのコメント...

誰にも迷惑かけずに楽しんでる連中にまで文句つけ始めるとかどんだけ陰湿な性格してるんだ

匿名 さんのコメント...

>分野は違うけど結構有名になったモノを作って販売していたことがある経験者から見ると
こういう消費者が勝手に妄想膨らましてノーガキ並べるのは笑って見てたもんだ

経験者さん()の割には器の小さいこと言ってんな
つか、ちゃんと本文読んで内容を理解した上で発言してるのかね

匿名 さんのコメント...

性格の悪い人間が集まる場所
インターネットへようこそ

匿名 さんのコメント...

すごいかっちりした分析だなー。インドネシア人だったらいいのに。
OPも非常に凝った作りだから分析したらもの凄い量になりそう。
アニメの曲って一見単純なメロディと複雑な構成を組み合わせた物が多いね
オケストラを使った楽曲も繊細で美しい。人材豊富なんだろうな。

匿名 さんのコメント...

海外の反応系ブログって軒並み嫌儲民みたいなのや某ヤマカンみたいなのが粘着する為に米欄に居着かれてるよね…
自分が惨めにならないのかなって思うけど
後はわざと炎上寄りっぽいネタばかりで臭い記事あげるブログもあるか

匿名 さんのコメント...

元の考察訳してから記事にしてくれよ…

匿名 さんのコメント...

考察が正しいかの真偽は定かじゃないけど、能書き云々は流石に言い過ぎだろ。何作ってたかしらんけど、勝手に自分が属してた業界と同レベルだと断定してレッテル貼ってて草も生えんわ。少なくともアニメという映像媒体は、全てを一から構築していく必要があるから、なんの意味も無さそうなシーンにすら意味がある事が多々ある

スタッフコメンタリーなんかでよく語られるけど、宝石の国の円盤はコメンタリー付いてなくてその点残念だわ

匿名 さんのコメント...

テンテンテンテンテケテンテンテンテン
テンテンテンテンテケテンテンテンテン(シャンシャン)

匿名 さんのコメント...

わしも分野は違うけど結構有名になったモノをメーカーと一緒に作り上げて販売していたことがある
経験者から見ると、こういう消費者が勝手に妄想膨らましてノーガキ並べるのはほんと勉強になったわ
こっちが思いつかなかったことを色々と示唆してくれて次の製品開発にすごく役立ったし

「笑ってた」って人は単に他の人が練り上げてヒットさせた商品の単なる売り子やろね


匿名 さんのコメント...

平易な英文だから機械翻訳でもそこそこイケるよ
素養が無いからすごく面白いとはいかないけど、話題をさらわれてちょっと気の毒w
日本人は理論より感性で芸術を評価するって英語教師が言ってたな

匿名 さんのコメント...

日本人は討論できない

だって考察をキモオタだとかいっちゃうんだもん
ようこそ喋る猿が暮らす国へ

匿名 さんのコメント...

音楽・映像に限らず料理から機械の小部品に至るまで
制作者がどういった意図を以てそれを作り上げたのかを考える事は
どこでも行われている事なんじゃないの?

因みに『機械の小部品』は製造業なんで入れてみましたw

匿名 さんのコメント...

ごく普通に
やふー知恵袋やら各種()掲示板で垂れ流される考察()じゃん。
外国でも考察本や謎本出版ブームきちゃう?w


ちょっと気になった事柄を検索掛けるると、ネタバレブログだの感想ブログだの、まず間違いなく「アホ考察」「思い込み」「決めつけ」が上位に上がってくるのは何故なんだぜ…?

匿名 さんのコメント...

日本のオタクは考察や討論ができないくらい知能低下したシコ猿だからしゃあない

匿名 さんのコメント...

音楽的考察は猿の俺にはなるほどわからん状態だが
おまえらが楽しそうでなにより

匿名 さんのコメント...

上からが鼻につくよね

匿名 さんのコメント...

「作者の意図」なんてのを何の畏れもなく軽々に口にしちゃう点、
いまだ「意図」主義の読解させてる学校国語教育の問題のような気もするな
その辺の問題踏まえた批評理論なんて今どきド文学系(≠文系)でもやるかやらないか
って状況なのに、ネット時代で全員批評家ぶるようになっちゃって収拾付かなくなって

でもまあ問題は、実作者の方でもそういうレベルだったりすることが多いことで、
それの典型例が叩かれてるイキリさんみたいなのであって

匿名 さんのコメント...

>性格の悪い人間が集まる場所
>インターネットへようこそ

匿名コメント欄だとどうしてもタチの悪い人間が集まってきて、
2(5)ちゃんねる化してしまいますね。

匿名 さんのコメント...

>2017年12月31日 11:31
の人気にShit!

匿名 さんのコメント...

これは久米田が絶望先生でネタにしてた
作者はそんな事意図してないのに受け手が勝手に妄想で深読みするヤツかw

匿名 さんのコメント...

聖書みたいに他人をコントロールしようという意図がはっきりしてるものでさえ解釈が多様にあるんだから、深読みは当然だよな。